(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

思わぬリンク

さて、唐突ですが思い出せないことってありますでしょうか。

あたし?しょっちゅうだよ!


年を取ったなぁ……と思ったりもするのですが、若年性健忘症というのがあるそうですね。
年を取ると消えてくるという。

ということはまだ若いのかしらん?


それはさておき以下。





ここのところすっきりしない天気が続き、塗装が出来ていません。
リハビリ企画のスナイパーライフルも形状が出来上がったのですが……。
最終的にイジェクトポートは勘で開けました。次の晴天に一気に塗ってしまう予定。

で、本題の黒子なのですが……



まったくイメージがまとまりませんッ!

「蛇使い」にしたのはいいのですが、蛇をどう処理するのか、しかも使いってwwwという状態でした。
「蛇使い座」の蛇使いは医者だったのですが、ナース型との差異をうまく作ってやることが出来ません。そのものにはしたくありませんし……大体蛇ってどんなのだよ!とか言っていると、「スネークじゃね?」とか「ヤマタノオロチ?」とかしか出てこないあたし貧困。

調べてみると、アスクレピオスという人物がこの蛇使いであったようです。ケンタウロス族の賢者ケイロン(=射手座)に医術を学び、蛇の毒を用いてあらゆる病を癒したんだそうです。ちなみに、医療関係の国際機関が機関票に「蛇の巻きついた杖」を用いるのはこの話に基づくものだそうです。で、このアスクレピオス、医術を極めつくしついに死者を蘇らせてしまいます。このことが冥府の王ハデスの怒りに触れ、ハデスの訴えによりゼウスはアスクレピオスを雷で撃ち殺します。その後ゼウスにより天に上げられ星座になった……というのが大まかなお話。ここからが発想力勝負ですねー。

死者をよみがえらせる→死を司る神ってこういうことしね?→アヌビス神

となりました。そういえばエジプトでは蛇が知識の象徴であり、「全てを見通す者」の意味を持つとか。この要素を掛け合わせれば、「生者の命の限りを見通し死を遠ざけ冥府から呼び戻す」という医者の側面を持たせることも出来そうです。また蛇は無限の象徴ともなっていたことから、「無限の魂をもたらす者」と言い張っても良いと思います。∞のマークは蛇が自らの尾をくわえて回る姿から出来たものだとか。ナース型はなんとも現代医療ですが、黒子のイメージもあいまって古代の呪術的な医療行為をイメージすればよさそうです。

しかしどう蛇を使うんだこれ。さらに調べるとギリシャ神話の女神デメテルはキュクレウスという蛇を使いとしていたらしい。これを採用すると、そもそも蛇は神に近しい存在であった可能性ががが。
そもそも、「蛇使い」は蛇を使役していたというよりは蛇を利用していた、という感じ。お使い、ではないようですね。

で、以上を整理していきます。
アヌビス神は死神とされることが多いのでその説を採用、医者の要素はアスクプレオスの話から蛇をモチーフとし、これで蛇使いの用件をクリアーします。
つまり……


蛇を使用する死神型

ということになりましょうか。
プラ材オンリーとか言っておきながら結局流用もすることになりそうですが……良いよね!
答えは聞きたくない!(何
よしなしごと | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<遥か向こうに | ホーム | ソースかしょうゆか>>

コメント

 発想に詰まったらモチーフそのものを追究するべしということですね。
 特に蛇は手足が無い分、いろんな材料が付随していて材料に困りません。逆に言えば神だの生死だの干支だの超常的なものばっかりが並ぶため、どう作ってよいか悩むのも事実…。
 
 蛇使い型、楽しみにお待ちしております。
2008-11-14 Fri 03:26 | URL | 涼荒井 [ 編集 ]
蛇というと、コアトルが浮かんで来る私。
ガプラスでもいいけどねっ!(ぇ

やはり、獲物は杖なのだろうか?
あと、巻き付くような螺旋状の形の防具も面白いとか思ったり。

うーむ、ぱっと思い付くのはこんな所。
もうちょっと練れば何か浮かぶかもしれませんが……


そういえば、ジャンプでアスクレピオスという医者の漫画が連載中ですね。
そこで、医療の豆知識として、ヘビコラムというのがあるのですが、なるほどそういう理由だったのですな。
一つ勉強になったじぇ!(ぉ
2008-11-14 Fri 07:51 | URL | 東雲 [ 編集 ]
>>涼荒井さま

蛇なら何とでもなるんだ!干支でも神でも!それこそ丑寅の例もありますし。某伝説の傭兵ってのもありですぜ!イメージ検索いろいろ出てきますし。
問題は「使い」の部分だったのですよ。

追求するのもありなんですが、連想ゲーム式にぶっ飛んでいくのもありですよねー。このまま行くと星座の蛇使いとは別物になりそうなんですが。


>>東雲さま

コアトルというとマヤ神話のククルカンと同一のものですねー。地方によって呼び方が違うとか。羽毛のある蛇なんだそうで。

なるほど杖……ヘルメスの杖ってのがまんまそういう形をしてるんですが、そのままってのは避けたいところ。職杖的な、地位や権威をあらわす物としての杖ならイメージにも合いそうです。

エジプトに話が飛んだこともあり、蛇の目を盛り込むつもりをしています。遊戯王でもおなじみの、エジプト的な目の模様はまさに蛇の目なのですよ。

漫画よまないあたしがいますが、漫画って思っている以上に深い知識を下敷きにしているものが多いんですよね。最近の作品だとファンタジー的に処理されて一見わからないものが多いんですけども。物語のキーワードとかから辿れたりもします。
2008-11-14 Fri 12:38 | URL | nikaidou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。