(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダイジェスト

映画とか特に思うんですけども、何であんなに面白そうなんでしょうね?
いや、そういう風に作ってあるものっていうのは解ってるんですが。

というのは置いといて、おっさんもSS書きますよ、という告知と背水の陣をかねたダイジェスト版。


まぁ、言いかけて放置している案件がいくつもある現状で果たして効果があるのかは別として、以下。






僕らは、行き詰まりを抱えて、それでも立ち止まることが出来ずにただ歩き続けていた。
追うことは、快感でさえあった。輝かしい栄光を背負った背中を、それだけを見つめて突き進むのはとても魅力的で、簡単なことだった。


「バトルシステムを終了します。ブルーサイド、アリスの勝利です」


その栄光を受け継いだとき、それは単純な錯覚でしかなかったことを思い知らされた。想像もしなかった。あの長い道のりの先に待ち受けるものがこんなちっぽけでつまらない物だったとは。
束縛と重圧。
許されない転落。
二度と戻らない、あの感覚。


「そんなことをする必要はない。君はただ、挑戦者が決まるのを見ていればいいんだよ?」


もう一度、もう一度。許されるなら、もう一度だけ。
僕は、僕たちはあの素晴らしい日々を取り戻したかった。
ただ、それだけを願った。


「強者の……いや、むしろ狂人の集まりといってもいいかな、あれは」


そう、その出会いは僕たちを強く惹きつけた。
たとえ何を失おうと、何を背負おうと、僕は、僕たちは――


「年齢なんて関係ありませんの。それを扱えるか扱えないか。問題はそれだけ、たったそれだけですの」


クラス:overed 「狂者達の異種格闘技」とも言われるそのクラスには、ありとあらゆるホビーロボットが集った。サイズも、出力も、何もかもが違うそれらを戦わせ、ただ純粋な強さだけを比較する。
同じ行き詰まりを抱えた彼らと出会うのは、必然だったのかもしれない。


「その意気や良しだ!少年、君にはその価値がある」


彼女は何時も夕暮れの中であの瞬間を待っている。
ずっと待っている。
誰もが求めてやまない、あの最悪の瞬間を。


「私を――超えて、いきなさい」


それは、最初から約束されていたはずのモノ。


「終わりは、始まり。終わりの、始まり。これは、私だけのモノ」


人は、彼女らを「necSt」と呼んだ――





こんなところか。
実はまだ何も考えてないんですがががが!
こんな感じでやっていこうかと思っています。


以上、おっさんの予告編のコーナーでした。
nikaidouの | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<No.1 | ホーム | いまさらの話>>

コメント

こうやって小説書ける人って尊敬します。

私も一度挑戦してみたことがあったのですが、
上手く書けないもので撃沈しました。

続きを楽しみにしてますw
2009-07-04 Sat 13:12 | URL | いっさ [ 編集 ]
そして十二分にこのダイジェストにも心惹かれるものが!

しかし、これまた他の神姫SSとは少し、趣を異とするもので。
そしてまたちょっと夫婦で違うベクトルで……。
ちきしょう、この夫婦は何処まで行くつもりだ、ついていくことすら容易ではないぜっ!(ぁ

AC型の影や、ホギャーが出せそうな設定とか……。
や、やってくれる……面白そうじゃないかっ!!(ぁ
……俺も負けてられねぇぜ!(ぉ
2009-07-05 Sun 00:19 | URL | 東雲 [ 編集 ]
おお、これまた嫁子さんとはまた違った方向性の作品で興味を惹かれますね!
いわゆるバトロンの様なものはそれなりに規格やルールがあるのでしょうがサイズも出力も違うバトルというのも面白そうw
どう展開していくのか、そしてホギャーさんの出番は!?いろいろ気になりますね!


2009-07-05 Sun 15:41 | URL | arahabaki [ 編集 ]
>>いっさ様
あんたまだ高校生じゃないか!
本気で書きたいと思うならまず読むこと。
ジャンルや長さに関わらず、とにかく読み込むこと。
後、紙の辞書は持っておくと良いですぜ。

上手い下手は後からついて来るので、書き上げてみることをオヌヌヌ。
テクニックにとらわれず、書きたいように書けばいいものになっていくはず。
……あたしのなんて書けてるうちに入らないんですよ。


>>東雲さま
>ダイジェスト
ずるいんですよねー。本編ではぜんぜん取り上げられないような台詞をさも重大な事柄かのように喧伝して興味を煽る……サギみたいなものも存在しますねー。

>ベクトル
カエれる生命保険!ではなく。
これでクロスオーバーしたいっていうんだから手に負えない。


>>arahabakiさま
実はバトロン殆どやったことないので、バトロンの設定って言うものがわからないんですよね。で、こういうことに……



とりあえず予告
ホギャー、出ます。
2009-07-05 Sun 17:41 | URL | nikaidou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。