(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

常識的な話。

さて、世の中どうも効率主義的なところがあるように思うわけですが、模型などを趣味にしているとこの効率という奴が思っている以上に曲者だったりすると思うのですよあたしは。

プラ材工作を始めてみて思ったわけなんですけども。
で、その効率的な手順という奴にようやく気が付いたわけでございました。

一体何に気付いたのか、今日はそのあたりからご覧いただきましょう。



一体何事かと申しますと、プラ板の切り出し方なのですよ。
DSCF1024.jpg
今回ふと思い立って矢印など作ろうということなのですが、簡単な形状なので直接寸法を取りました。
で、この形状を切り出すのにまず、出来上がり線に沿ってそのまま切る、と考えたわけなのですが、以前それで失敗したことを思い出したわけなのですよ。

DSCF0865.jpg
これを作ったときなんですが、まさに上記の方法で切り出しかなりの数のエラー品を出してしまったのですよ。
で今回ちょっと何とかいい方法はないかと考えたわけです。

そいつが……これだ。

DSCF1025.jpg
エラーが出やすいのはこういうくびれた部分ですので、そこをかわして切ってしまいました。
DSCF1026.jpg
この部分以外は普通に切り取って行き……
DSCF1027.jpg
最後にこのように切り取りました。
周りに余分な部分がないので切り出しが楽になりました。
これに棒をつけて
DSCF1028.jpg
出来上がり。何に使うんだって話なんですが、追々考えて行きます。

さて、このような手法は慣れた人にとってはもはや常識的な話なんだろうなぁ……と思ったんですが、私のような粗製にとっては重要な技術なわけですよ。
もし同じようにプラ板の切り出しに困っている方がいましたらぜひこんな感じでやってみていただきたいと(何

そうそう、モデルとして指し棒もどきを持っているのは甘子軽装verです。完成時に吹き損ねたクリアーを吹き直したときに素体胸を塗ったのがきっかけで出来た形態でした。「身体の中心線がえろい」と嫁にも大好評の一品になりました。


突然ですが、PC型のコンセプト画が出来ました。
G.jpg
これを元に作業を開始したいと思います。


以上、粗製の呟きのコーナーでした。
武装 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<進捗状況などなどなど。 | ホーム | 今日も元気に電車ウォッチング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。