(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神姫の浴衣をつくる 3:身ごろ編

嫁子です。
ガンガン行きますよー!
昼に浴衣作りながら撮った写真はまだ尽きちゃいないんだッ!



以下、身ごろを縫います。
前半はお勧めな縫い方とかも書いてます。






うん、素直に返し縫いすれば丈夫だしきっとこんなことする必要もないのですが、最近おっさんの影響か、「いいか、嫁子もめんどくさいのがry」気味になってきてるので、「なみ縫い」か「返しぐし縫い」で済ませることが増えてきました。

そうするとね、力がかかるところは布の目がひらいて玉止めが表に取れてきちゃったりするんですよ……

そんな悲しくもみっともないことにならないための対策。
嫁子が勝手にやってるだけなので、正しいやり方なのかはわかりません。


DSCF3251.jpg
白い線が縫うところ。




DSCF3255.jpg
一番端じゃなくて、ちょっと内側から縫い始めます。









DSCF3262.jpg
んで、端へ向かって縫い縫い。







DSCF3274.jpg
縫い終わりの玉止めも、一回端までいって、ちょっと戻ったところで作りましょう。
これで表に玉止めがぴょいっと生えてるなんてことはなくなる……ハズ。
そもそもそんなミスするのは私だけですねそうですね。

ちなみに「返しぐし縫い」は「三針縫って1針戻る」……要するに、三針分なみ縫いしたら、そこで1針分だけ本返し縫いをしてあとはまた三針なみ縫い……をくりかえすんだと思います。
えぬえちけーの育児番組で見ました。

ミシン使えばすべて解決するんだけどね。



















さてさて、ココからが本番ですよー。
身ごろを縫っていきます。

まずはおくみをつけます。
省略版の方を使うなら、この作業は必要ありません。


DSCF3280.jpg
おくみの「この線」と

DSCF3282.jpg
身ごろの「この線」が重なるように布を中表にあわせます。
型紙でいうと[A]の線同士になりますね。
「中表に合わせる」というのは、布の表同士をくっつけるように重ねることです。


あわせたら、まち針をうちます。

DSCF3285.jpg
本数はお好みでー


DSCF3287.jpg
うらはこんな感じ。




ほんで縫う!

DSCF3294.jpg



縫ったあとに縫い代を5mm程度に切りそろえておくといいよ!
はじめからきれいに切ってた人にはどうでもいいポイント。






DSCF3299.jpg
そして縫い代を割る。
「割る」っていうのはこう……ひらく感じで。
アイロンとかできっちり癖付けするとよし。爪でギュウギュウやってもいいけど、布がほつれるので気をつけましょう。





DSCF3301.jpg
はい、片方の「おくみ付け」完了~♪


あとはもう片方も同じようにっ

DSCF3305.jpg

さっきとまち針うつ向きが逆(裏表)になっているのはそのほうが嫁子が縫いやすいから。
この辺はお好きにどうぞ。




DSCF3310.jpg
両方の「おくみ付け」が終わりました。







さて、省略版の方はココから縫い始めですよー。

DSCF3314.jpg
身ごろの後ろ側、背中の真ん中に来る部分(型紙だと[C]の線同士)を縫います。
「背縫い」という作業です。「おくみ付け」といい、なんて安直な用語。解りやすいですが。


やることも簡単。

DSCF3315.jpg


DSCF3318.jpg

中表にあわせてまち針をうって縫う!


DSCF3323A.jpg

縫えた!縫い代がそろってないとき、多すぎる気がしたときはそろえて切る!














ふー。
とりあえず今のところはこんな感じ。



DSCF3331.jpg
DSCF3336.jpg


…………大丈夫、きっと次回には浴衣らしくなるよ……



というわけで、つづく!
あ、質問やわかりにくい点などございましたらコメント等で言っていただけるとありがたいです。
写真はまだあるけど、もう眠いんだよパトラッシュ……


浴衣製作ガイド | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<キョウシャ達の黄昏 | ホーム | 神姫の浴衣をつくる 2:布を裁つ>>

コメント

いつの間にか結構進んじゃってたので遅ればせながらですが・・・
うちはホント見よう見まねだったのでスゴク参考になります!
細かいところまで丁寧に説明くださっていてとても分かりやすいです!
うちもまだ別のものが作り途中だったりするんですが是非浴衣作ってみたいですねー!


2009-07-07 Tue 18:38 | URL | arahabaki [ 編集 ]
おおぅ、仕事場からわざわざ……!ありがとうございます!!
みつからないように気をつけてくださいねwww

いやいや、わたしも見よう見まねでしかないですよ。
あとは舞台の衣装でっち上げたときに先輩に聞いたこととか、えぬえちけーの受け売りです。

神姫関連ではありませんが、私がお裁縫始めたきっかけが丁寧に解説されている手芸サイトさんにめぐり合えた事だったので、同じように「ここを見て布服作り始めた」なんて人がいてくれたらいいなぁ、とアホな夢見ながら写真とってました。
arahabakiさんの製作意欲を刺激できたなら幸いです。
フルアーマーがどんな風になるのか楽しみにしています!
そしてぜひ作り方と型紙の公開を……とか言ってみるw
2009-07-07 Tue 23:50 | URL | 嫁子 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。