(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神姫の浴衣をつくる 5:衿編

さてさて、嫁子のおばか加減が露呈してきましたよー。

「背縫い」「わき縫い」は作業名ではなく部位名だった気がします。
いや、調べた訳ではないんですがなんとなく思い出したので。

あと、和服のとき「えり」は「襟」のほうでなくて「衿」の字をあてるのね……しっかりしろ国文学科!
まぁ「襟」でも間違いというわけではないのですが……


その上、今更になって大事なことを書き忘れていることに気がつきました。

「おくみ・おはしょり省略版身ごろ」の丈はmms 1st ボディの短縮素体(犬猫、アクイダ、体操服素体など)にあわせた長さになっています。
mms 1st の通常素体、およびmms 3rd tall でも着用は可能ですが、丈が適切ではありません。気になる方は丈を調節してお使い下さい。
なお、mms 3rd small に「おくみ・おはしょり省略版」で作ったものを着せると省略版にもかかわらずおはしょりを作る羽目になります。


1stに対応させるなら丈に+1mm、3rd tall(腿スペーサー有)では-1mmすればいいはずですが、浴衣の丈ってぶっちゃけ「足の甲につくかつかないか」というあいまいな基準で調節するので無視してもいいかなーと思ったりもします。
small素体用「おはしょりなし」の型紙を作るには、省略版型紙の丈から更に-20mmすればいい、ハズ。

ほんとにすみません……ちなみに通常版身ごろで作ればおはしょりで着丈を調節できるので型紙をいじる必要はありません。smallだと若干萌え袖化しますが。




さて、ようやく本題。今日で完成させますよっ!!



衿をつける前に、身ごろの裾の処理をしておきましょう。



DSCF3442.jpg DSCF3446.jpg
チャコの線にそって縫い代を折り返し、待ち針をうちます。








そしてなみ縫い。
DSCF3454.jpg
ここは着せたときに縫い目が目立つ部分なので、がんばって細かい縫い目で縫ってみてください。
右身ごろ側の端は着せたときに隠れるので、裾と左身ごろだけでも!










では、最後のパーツ、衿つけていきますですー。


まずは衿に折り目をつけます。
DSCF3433.jpg
10mm幅のほうを谷折りにし、癖をつけておきましょう。
しっかりつけるとあとの作業が楽ですよー。




そしたら次は身ごろの襟がつく部分に……
DSCF3422.jpg

          ↓

DSCF3437.jpg

こんな風に切り込みを入れます。

型紙だとこの部分。赤の点線が切り込みいれるところ。
DSCF4437.jpg
チャコの線ぎりぎりまで切らずに、1mmほどのこしておきます。

べつに切り出したときに一緒にやっておいてもいい作業なのですが、初めに切っておくと他のところをいじってるうちにどうしてもほつれてきちゃうので、嫁子は衿付けの直前にやっています。
左右に一箇所ずつ、計二箇所あるので、両方に切り込みをいれておいてください。





DSCF3461.jpg DSCF3465.jpg
見にくい写真でごめんなさい。
「左おくみ~左身ごろ前~左身ごろ後~右身ごろ後~右身ごろ前~右おくみ」にかけての衿付けラインと、衿をあわせてまち針をうちます。
衿は下の線ではなく上の線のほうに合わせてください。

身頃を引っ張って、縫う線(下の図参照)が一直線になるようにしながら、まず背縫いと衿中心をあわせてまち針、次は両端にまち針。
で、その間にまち針をうっていくとずれ難いです。写真ではちょろっとしかうっていませんが、ハリネズミに近づくほどずれなくなるので、苦手な方、ミシンの方などはたくさん打つといいかもしれません。


写真が見難いので図を追加。赤い線が縫うところです。
DSCF4440.jpg
切り込みいれたところはほとんど縫い代がありません。





で、縫います。待ち針打ったときと同じように、引っ張って縫う線を一直線にしながら縫います。
ここも返し縫い推奨です。もしくは細かく縫うか。
DSCF3477.jpg
とかいいながらかなり粗い目で縫ってしまっていますが……
今気づいた。なぜ糸の色を変えなかったんだ私っ!







DSCF3480.jpg
衿の横の縫い代を、線に合わせて内側に折っておきます。もちろん反対の端もね!






DSCF3482.jpg
写真のように衿の布を上に引っ張ったあと、先ほどつけた折り目に沿って折ります。
身ごろの縫い代を襟で挟むような感じになります。
縫い代が多いとごわごわするので、切りそろえておくとスッキリたためます。




DSCF3484.jpg
折りたたんでまち針をうったところ。
 
DSCF3488.jpg
裏から見るとこんな感じ。



で、線に沿って縫います。ここも布を引いて一直線にしながら縫うとよいかと。表になる側は襟のすぐ下を縫って、縫い目が目立たないようにすると良いと思います。






DSCF3495.jpg DSCF3499bb.jpg
縫えましたー。
折り返したあとに縫った縫い目は、表からみると右の写真の赤い点線の位置にきます。
サムネイルでは見えにくいですが、写真をクリックすると大きくなります。
これで完成です!




一応浴衣っぽい感じになってますよね?ね?
ああ、でもやっぱり再調節したいところがちらほら……
また機会があれば改訂版の型紙を作って公開しなおしたいですね。







   











それはさておき。
 


















早速着せてみたよ!
smallっ子ばかりなのは私の趣味ですwww

DSCF3511.jpg
ポモさん、どうですかー?
「帯ない!」
「あ、ほんとだ!!」




………………orz



































というわけで、まさかの帯編に続くのでした!
浴衣製作ガイド | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<メソッド | ホーム | 神姫の浴衣をつくる 4:袖付け・わき縫い編>>

コメント

たしかに、大事なことです。
各々の好みで身長差がございますからね。
ちなみに、私は低身長派です(ぇ
そこは頑として譲れません!(ぁ

さて、今日でおわ……ってないやないかーいっ!(ぉ
えー。
大変だと思いますが、後一歩?
ラストスパートで頑張るんだ!
2009-07-08 Wed 23:50 | URL | 東雲 [ 編集 ]
私も低身長派です!
すらっと背の高いのも大好きなんですが。

ほんとにうっかりしてました。
まぁ、「もうちょっとだけ」と言って大延長した某7個集める球体漫画みたいにはならなかったので、だいじょぶです(何がだ)

ていうか大盤振る舞いなあなたの方が心配ですが……
2009-07-09 Thu 23:17 | URL | 嫁子 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。