(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

作成記録

さて。

私がまともに特撮とか見るようになったのは嫁と知り合ったころなのですが、ちょうど仮面ライダー555の時だったのですよ。
システムボイスとか大好物でして、はまってしまいましたねぇ。

で、息子が持っていたカイザのトレフィグを見てふと思いついたのでした。





では、まず完成図からご覧頂きたいと。
DSCF0865.jpg
お分かりいただけるでしょうか。

では作成手順。まず図面を引きました。
DSCF0858.jpg
イーダさんの周りにあるのは以前作ったハンドガンの図面です。私など所詮この程度OTL

DSCF0859.jpg
引きました。
この状態で素体とのバランスとか見ました。で、今回はこれを切り出しプラ板に張りました。
DSCF0860.jpg
見えにくいですが、イーダさんの左に見えるものがそれです。ここでは0.5mmの板に張り、切り出していきました。
DSCF0861.jpg
これをゲージにし、必要なパーツを切り出していきます。今回は3mm厚のものを作成するつもりなので、1mmの板から3枚切り出しました。
DSCF0862.jpg
この方法は結構ポピュラーな方法なんですが、私がやると精度が酷い事になっています。
全部大きさが違うのが判ると思います。同じゲージを当てたはずなんだけど……OTL
ちなみに、この程度のものであれば少々精度が悪くても大丈夫だと思います。張り合わせてから削って整えてしまえば……あまりおすすめできませんが。
DSCF0863.jpg
張り合わせました。この段階で削り込んであります。鑢は棒やすりを使用、丸、半丸、棒をそろえておきました。ハセガワあたりから出てる5本入りのものがなかなか良いと思います。
私はホームセンターで買ってきた精密やすりを使っていますが、錆びててすでに番手が……OTL
そろそろ買い換えるべきですねはい。

DSCF0864.jpg
細かいディテールを加工して、塗装して完成。
製作時間は塗装込みで4時間ほど、塗装にはクレオスの水性ホビーカラーを使用しました。
つや消し黒は乾燥時間が早く、個人的には楽でいいと思い込んでいますが。いいか、おry

では、キャッキャしていきます。
DSCF0866.jpgDSCF0867.jpgDSCF0868.jpgDSCF0870.jpg

いかがでしょうか。ハンドガンやサブマシンガン程度の大きさのものなら案外簡単に出来ます。
武装自作の手始めに、ぜひおすすめしたいステップです。
武装 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はじめまして | ホーム | 予想以上だったぜ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。