(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リコンストラクションリピート

さて、もはや一月ほど潜行したっきりのおっさんでしたが!
皆様如何お過ごしでしたでしょうか。

ツイッタにはぽつぽつ出てたので、完全に潜ってたわけでもないんですけどもね。


fgでは上げてたこの装備なんですが、なんといいますかどうも暑苦しいような気がしてきまして、これからの季節、ちょっと涼しげな感じにしてみようかと思いまたやってしまいました。



ぶっちゃけ換装パーツ管理できてません!


では以下。






では早速ご覧頂きましょう。

DSCF7277.jpgDSCF7279.jpg

ハイこちら!


どうでしょうねぇ。スカート縮めればいいってもんでもないでしょうがね。

DSCF7282.jpg

腕輪はDGギラズールを使用。素材のシリーズを統一することで簡単にラインをそろえています。

3弾、4弾あたりでPVC使用率がどうとか話題になってたわけなんですが、金魚型以降の甘子2ndではかなりPVCで固めてます。
薄いパーツが少ないのでさほど問題にはなってないんですが、組成とか違うんでしょうかね?


で、今回のポイントは頭部武装です。
以前から「頭何とかしろよ」と嫁子にせっつかれてはいたんですが、前髪を用意できずに難航していたのですよ。

DSCF7286.jpgDSCF7285.jpgDSCF7283.jpg

で、このような形にしてみました。
大まかな形は以前からあったんですが、何の気なしに前へ向けてパーツを置いてみたら大当たりしてしまいました。
ここもほとんどPVC。というかGコレ。
最近のシリーズは電飾したりクリアにしたり迷走しまくってますが、細かいパーツとしては使い勝手いいです。
スケールがスケールなので、密度のあるディテール作りに重宝します。

とはいうものの、スカートには今回もキュベレイ。
都合4体分使用しています。前回までにバインダーを剥ぎ取った残りの前垂れなんですが、いくら使いやすいからってキュベレイ使いすぎだろ。



で、ちょっと前に作ってたものです。

DSCF7288.jpgDSCF7290.jpg

ACLRより、強ショもどき。
マガジン式になってからどうなのよとか思ってたんですが、N系の熱量周りはかなり鬼畜仕様で、W鳥で数セット浴びてしまうとオーバーヒートするとか半端ないです。
至近距離からヒットすれば瞬間火力はグレネード超えてくるとか……重量があるので、軽量級だと厳しいってところが問題でしょうか。
プラ製何ですが、角棒でフレーム作って板でディテール張り込むという方法を取りました。
直線主体のデザインなのでこうすると簡単にできます。





こんなところか。
以上、おっさんの呟きのコーナーでした。
武装 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | ホーム | ズボンとか試作>>

コメント

強ショもどきカッコいいですね!
ディティールも凝ってあって市販かと思いました。

角棒でフレームを作るんですか・・・・
凄く良さそうなのでそのアイデア使っても宜しいですか?
2010-05-17 Mon 17:32 | URL | いっさ  [ 編集 ]
実物はひどいもんですぜ……


こんなネタでよければ持っていくといいよ!
2010-05-17 Mon 17:41 | URL | nikaidou [ 編集 ]
キュベレイだー!Σ(´Д`;)

第一声がそれかって感じですがw いやビックリしました。
nikaidouさんの流用アイデアには毎度驚かされるばかりであります。
自分ももっと柔軟な脳みそが欲しい…(こっそりとfgのお気に入り登録をしつつ

ラストレイヴンってマガジン式になったのですか。3ではハンドガン二挺拳銃での熱量とヒットストップが鬼でしたが…
ってそれはともかく、またもプラ棒&板工作のステキ銃がロールアウトされましたね!
切った貼っただけでなくスジ彫り技術なんかも必要になってくるんじゃないかと思うんですが、nikaidouさん謹製の銃は拝見するとテンション上がりますw
実物はもっとステキに違いない…!(頂いたハンドガンを見て悦に浸りつつ
2010-05-18 Tue 02:12 | URL | 烏丸 賽 [ 編集 ]
もはや一月前ですが。

キュベレイは鬼のようにダブってくるんですよ、あのシリーズ。ポーズ違い、mk2、量産型、とカラーを気にしなければ簡単に入手できるんですよねー。
今では残ってるところも少なくなってしまいましたが……

>マガジン
結局両手のタイミングを合わせれば弾が途切れないのでヒットストップは健在。
逃げようとブーストするとアセンによっては熱量が入るので、熱暴走も脅威です。

>スジ彫り
まっすぐならデザインナイフ一刀彫!
今回もほとんど彫ってませんけどね!

>実物
酷いもんですぜ……
塗装するまではまだ何とか見れたりもするんですが……orz
2010-06-10 Thu 10:40 | URL | nikaidou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。