(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もどき おぶ そせい

さて、先日ついったで「おっさんの小物製作でもマッハでみてやんよ!(超意訳)」的な流れになってたので、ちょっとやっつける。


今回もネタはPSPもどき。
これ確か前にもやってたと思うんだけど……とりあえず以下。






では早速ですが始めましょうか。
ちょいと面倒を避けて、今回は省略版です。

前回との差異は
・画面を貼りこまない。
・裏面の丸を貼りこまない。
・L/Rボタンは無視。
です。


DSCF7669.jpg
準備するものはこんな感じ。ほかに使いやすい棒やすり。あたしはハセガワのトライツール、5本組みのやつを使っております。

おっさんに扱えるプラ板の限界は1mmなのですががが、使い良いので普段は0,5mmを重用しておりますのよ。



で、今回作るPSPもどきは8×17×2(mm)なんですが、
DSCF7670.jpg
このように板の幅全部切り出してしまいます。
左が0,5mm板を17mmに、右が0,3mm板を1mmに切り出したものです。
何かもったいないという向きもありますが、一つ作るならともかくいくつか作るならこの方が楽っぽいです。



左を8mm幅に切り分けていきます。
2mmにするので、4枚積層します。

DSCF7671.jpg
こんな感じ。


これを削りだします。
DSCF7672.jpg
こんな感じ。
上下の窪みの直角は、やすりのエッジを信じて削ります。幅は大体1×2(mm)程度。

ぶっちゃけ現物あわせでしかないので、不安ならちょっとずつやってください。


次にボタンを作ります。

DSCF7676.jpg
ウェーブのリベットなんですが、写真では左端のがアナログパッドに、そのほかが右の4つのボタンになります。


切り出し方とか別に良いよね……?
普通にデザインナイフで切ると異次元に飛び出して行きやがりますので、指で押さえながらとか、下にマスキングテープを張るとかするといいと思いますの。
あたし?異次元QBには慣れてる。


貼り付けます。
DSCF7673.jpg
出来ました。
接着には瞬間接着剤を使います。
位置も現物あわせで……


で、十字キーを作ります。
DSCF7674.jpg
0,3mmを1mm幅にしたものから、2mmを一つ、0,5mmを2つ切り出します。
それらを組み合わせて貼り付けます。
サイズは現物あわせで微調整してます。


最後にアナログパッドです。
DSCF7675.jpg
こんな感じ。
貼った後に頭を削って平らにしてやるとそれっぽくなります。


これで一応のボタンが揃いました。
嫁子版(ブログ未公開)では、画面下のボタンも全部あったりするんですがおっさんはそんなことしません。


ここまででも持てるようにはなってるんですが、安定が悪いとか片手では保持できないとか(両面テープがあれば別)ありますので、いっそグリップを作ってしまいます。

DSCF7677.jpg
つけました。
2mm角棒の断面を削って、PSPもどき本体の下の窪みに貼り付けます。
実機だとACコードの差込口とかある辺りです。


DSCF7679.jpg
ちょいとわかりにくいですが、グリップを握らせています。
うまく人差し指がL/Rボタンの位置に掛かるように調整してやってください。
ちなみに、グリップがなくても手の位置がちゃんとあっていれば乗せることでこの位置に収まるはずです。
中指が当たる位置に両面テープを貼っておけば落ちにくいはず。




こんなところか。
最初の切り出しから持たせるところまで1時間ちょっとってところでした。
この後塗装でもして完成させてやってください。



以上、粗製の小物製作でした。


よしなしごと | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<縫い物とか編み物とか。 | ホーム | 白魔再び>>

コメント

ついったー上で具体的に何があったのかは存じませんがすぐさま行動に移せるとは凄いですな!
そういえばあのPSPは何度も拝見しているはずなのですがボタンとかこういったものを使われていたんですね
グリップなども持たせてしまえば全然分からないですし使い勝手と見栄えも両立された上手い工夫だなぁっと思いましたわ~
…ってこれ全部の工程を僅か1時間ほどでこなされてるんですかΣ
短い時間でできてしまうというのも技術が身に付いているからこそなんでしょうね
2010-10-21 Thu 02:12 | URL | arahabaki [ 編集 ]
プラ板工作指南キター(゚∀゚)!
自分がPSPもどきを作成した時はちょうどパテでびぅしたてだった関係で、そのままパテで仕上げてしまったのでとても参考になりますたい。
ボタンやパッドはリベットだったんですね。ちっちゃいアクリルの欠片を切り出して成形していた手間を考えると涙が出るほど便利そうデスw
うーん、記事を拝見してるともう1台作りたくなってきちゃいますな…!
2010-10-21 Thu 23:55 | URL | 烏丸 賽 [ 編集 ]
>>arahabakiさま
オフ合わせで幾つか作ろうかなーと思っていたところに、「プラ材工作のあれこれ教えてほしいよねー」みたいな流れになってたのでやってみた次第でした。
たまたまいいタイミングだったってだけでしてね、普段はそれはもう着手するまでがどうこう……

>グリップ
最近、これを見てか作ってる人が多いらしいんですが、あたしとしてはグリップ無しで持ってる持ち方、実際にはしてないと思うんです!
グーの握り手に挟み込むというか……LRボタンどうしたって感じなんですよ!
ただ単体でおいといたときの見栄えは非常に悪いのがグリップでしてね……

>1時間
同じものを10個以上作ればいい加減慣れるってもんでしてね……面倒を省いた「もどき」ですし。
フルもどきだと1時間ちょっとかかります。


>>烏丸さま
パテでしたか!
あたしはパテがてんでダメでしてね……

>ボタンやパッド
むしろアクリルからあのサイズ切り出せる方法を教えていただきたい。

>便利
使えるものは使うのが粗製ですのでね……
量産すればするほどコストと手間が分散して、ありがたみをより感じられますの。





でもね、皆なんであんなきっちり仕上げてしまうん?orz

2010-10-27 Wed 15:22 | URL | nikaidou [ 編集 ]
PSPは身近なアイテムなので生活感がでていいですよね。

グリップを応用してPSPだけでなくプレステとかのコントローラーもできそうですね^^
2010-10-28 Thu 13:10 | URL | ケイニス [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。