(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トランク的な鞄 の 作り方②

型紙の修正と試作はちょっと前に終わってたんですが、今更ながら「進撃の巨人」が気になってしまいまして、すっかり読みふけった挙句 兵団の制服なんぞ作りかけてました(おい
おっさんも立体機動装置(漫画版)とか製作中…。
二人して構造に頭を捻っておる所です。


さて、そんな近況は置いといて、以下、作り方です。





まずはじめに、厚紙の“向き”を決めます。これが多分今回の最大のポイント。




厚紙をしならせて見て、抵抗なく曲がるほうを調べます。同じ様に力をかけていますが、右の写真の方がよくしなっています。


で、その よくしなる方を

こう 置いて



こんな感じでパーツをとります。
ホントに綺麗に作ろうと思ったらパーツ同士を離して書くほうが綺麗にできるんですが、切るのが面倒だったので今回は横着。


一体何がミソなのかと言うと、右下にある3つの長方形の部品(ヨコ×2、内)の長辺が“しなる”ようにしておきたいのです。
なのでこの三つ以外は別にどんな向きに書いても大丈夫。



切り取りました。


かまぼこ型の「外」と「内」はサイズが同じです。説明するのにわかりやすいかと思って書き入れてありますが、実際は区別する必要はないです。






ではいよいよ製作。
とりあえず「ヨコ」のパーツに表用の布を貼ります。



「ヨコ」とだいたい同じ幅ぐらいに布を切ります。
神経質になる必要はないですが、あんまりはみ出すとやりにくいので、大きすぎるよりは小さめのほうが良いと思います。


で、それを

若干ずらして貼り付けます。5mmくらいかな…まぁ適当で。


ボンドはなるべくうっすく万遍なく塗ります。私は厚紙にボンドは直出ししてからつまようじを寝かせてのばしつつ、余計な分を取るようにしています。



貼り付けたら、布を切ります。

布がのりしろになるので、型紙より3~4mm大きめに。
ただし斜線の部分(汚くてすみません)は「4mm+厚紙の厚さ」にしておきます。





上側の布を折って貼り付けます。
この時厚紙が無い部分(つまようじが入ってるところ)は貼ってしまわない様に気をつけてください。
フタのほうのパーツは厚紙が完全に見えなくなります。もし折り返した布が厚紙の下端からはみ出すようなら切りそろえておくと後の作業の邪魔になりません。




で、下側の布を使って「ヨコ」を「なか」に貼り付けて行きます。




厚紙の端から、片方は16mm、もう片方は17mmの所で折り曲げます。
布の端から、では無いので注意。
折り曲げる長さはどっちがどっちでも大丈夫です。
布を貼る前に、あらかじめ厚紙にカッターなんかで筋をつけておくとより綺麗に仕上がります。




貼り始め。
折り曲げた所を「なか」の角に合わせて、厚紙の厚み分だけ離して貼り付けます。



なぜ厚み分離すかというと、

こうやって直角に貼り付けるためです。




この時、「ヨコ」が「なか」の上に乗ってしまうと大きさが狂う&丸みが綺麗に出なくなるので注意です。
最初の厚紙の向きと、これさえ押さえておけばもうできたも同然!


手書きで申し訳ないですが図解。

…こんな図でおわかり頂けるかしらん…






そんな感じで

ぐるっと貼り付け。角もピンと布を張りつつ貼ります。
厚紙がしなるので丸みもちゃんと出る、はず。





最後、「ヨコ」の端どうしを付き合わせるところは、厚紙の端にボンドをつけて、はみ出させておいた布の中に挟み込む感じで処理します。





ちょっとぐらい隙間ができても気にしない。どうしても心配なら隙間とおなじ大きさに切った厚紙を押し込みます。








貼り終わるとこんな感じ。





フタ側も同様に作ります。



向き合わせてみて同じ大きさになってればオッケーです。




とりあえずこれで前編は終了。というかほぼ形は出来上がりです。
短時間で「進んでる!」って実感があるやつは作ってて楽しいですね。
進まないやつもそれはそれで面白いですが…


写真の量的にはこれで半分弱なので、多分次回で完結です。

以上、嫁子@眠い でした。
作り方:小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トランク的な鞄 の 作り方③ | ホーム | 鞄大失敗>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。