(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方2

夏休みの宿題は7月中に終わらせる派だったのに、なんでこの年になって擬似体験してるのやら…



さて以下。




いっつも書き忘れるのですが、私は基本的に神姫服は手縫いなので、ミシン派の方には優しくない型紙になってるかもしれません…
浴衣もどきは衿の部分とタック以外はミシンでも大丈夫かと思うのですが…
いや、ミシンマスターなら全部余裕なんだろうか。


旧「ガイド」では意味不明なこと言うてましたが、ちょっと進歩したので今は全部“本返し縫い"です。バックステッチとも言う、らしい。

最初はここから針を出して

戻って差して

前に進む

めんどくさかったら縫い目が表に出ない部分は“返しぐし縫い”でもいいかも。



さて本題。




身頃の背中部分(写真で向かい合っている部分)を縫い合わせます。

これはどっちも布の裏面、線を書いた側なので、


かたっぽを裏返します。

水で消えるチャコペンなのでがっつり透けてても気にしない。


そんで重ねます。

これが「中表」にあわせた状態。
特に何も書いてない場合はこの状態にして縫い合わせます。


待ち針ぷすぷす。

ピンクと緑の間の線を縫います。


縫いました。

見やすいかと思って糸の色も変えてみました。


反対はこんな感じ

「説明用やし縫い目粗くしてスピードUP!」とか思ったけど不均一で歪んでるのがはっきりうつってるとクソ恥ずかしいな!




そしたら開く。

縫ったあたりを爪で軽くこすって癖付けする、通称爪アイロンでも当ててやってください。




縫い代も開く。

真ん中からパーンと開いて…!
アジみたいな家やなぁ…アッジー!(非常にローカル)


こんな感じになってるはず。






次は袖をくっつけます。

袖の向きは間違えがちなので注意してください。


縫い合わせるのは赤線の部分。

身頃の側は合い印が多いですが、両端の2つ(黄色の)はあとで使う印なので、真ん中の3つを袖と合わせてます。
実際には書き忘れてるけどな!



うらがえしてー




かさねてー




まちばりー


身頃側からみるとこんなかんじ




縫う!

縫った!




これで5パーツ中4個がくっつきました。写真が重たいので次の記事に分けます…
新・浴衣製作ガイド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方3 | ホーム | 簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方 1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。