(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方3

写真は撮りためてあるのでじゃんじゃんいきます。
ややこしい訳じゃないけど文章と写真では伝えにくいゾーンに突入!

と言う訳で以下。





前回の最後で縫った所の、袖側の縫い代を開きます





端まできっちり折って癖付!

ここは折り返すだけで縫わずにほっときます。
縫い代がペラペラするようなことはないと思いますが、気になるようなら各種ボンドとかアイロン接着テープとかでとめてください。



次に、身頃と袖をつけた時の真ん中の合い印で二つに折ります。

ここも爪アイロン!





下端、袖口の合い印を合わせてきっちり折れたら…





待ち針ぷすすー

そして緑とピンクの間を縫う。



ちなみに、縫い始めはこんな風に縫い代の下に針を入れると




玉結びが隠れてスッキリ&ほどけにくくなります。

浴衣もどきではあんまり恩恵はないですが、洋服とかの袖口とか裾とかから玉止めが飛び出してとしょんぼりになるのを防げます。



そして縫った。

ピンボケ!




あとは袖口部分の線に沿って折り目を付けます。

これをしっかりやっとくと表に返した時綺麗でにできます。



カーブ部分の縫い代を1mm強にカット。

これ + 曲線部分の縫い目を細かくしておくとさらに綺麗に丸みがでるのでオススメ。


左右両方やったら袖の縫うとこはおしまい。


次は身頃の横っちょを縫うのですが、その前に袖を表に返しておきます。

こっち側を広げて…


ぐりん。

袖口側からひっくり返そうとすると難儀しますが、こっちからだと一瞬です。


裏返った。角とか袖口あたりは爪楊枝とかでつついて整えると吉。

このままだと身頃もつられて表がえっちゃってるので、うまいこと畳んで中表に合わせます。



まず身頃の表面を上にして広げます。

片方しか袖がついてませんが、写真がゴチャゴチャするので一旦外したのです。
実際にはもう片っぽも付いてると思ってください。



さっき表にした袖を身頃のうえに重ねます。

ややピンボケ…




こんな感じ。



そしたら身頃の前側が袖につられてくると思うので




そのまま畳みます。

無事中表になりました。




あとは合い印と下端に待ち針ー

袖付けの縫い目のすぐ下から縫ってしまうと、着た時に窮屈になってしまいます…



で、縫う。

うっかり袖も一緒に縫っちゃわないようにだけ気をつけてください。



両側同じ作業をして身頃を表に返せば…

浴衣の形が見えてきました!




ほぼカタチが出来てきて、残るパーツは衿!
ぶっちゃけ実際に縫い付けるよりその説明をする事の方が難しいような…(説明下手なだけとも言う)

まぁ裾とかタックとかもまだですが、そのへんは特にややこしくないのでさらっと行く予定。


つづく!
新・浴衣製作ガイド | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方4 | ホーム | 簡単ミニ丈浴衣もどき の 作り方2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。