(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イタイ話

さて。

このブログにもリンクなるものがあり、すでに数件のすばらしいサイト、ブログ様を登録させていただいておりまして、基本的に最低更新毎に巡回させていただいております。なかなか他所様でコメントとかするのに慣れていないので基本黙ってるわけなんですが、皆様の記事やコンテンツに触発されたりしてこのブログは何とか成り立っております。

一体何事かと言いますと以下。




さて、今日も元気?に巡回しておったのですが、あらい様のブログ、labcom.infoにてうちの名前が出ておりまして一体何事か!と驚いた次第でございました。どうやらまるPAKURIされたようで……




いいぞもっとやれ!


ていうか何を持っていかれたのかわからない俺涙目w
あれか、2mm角棒か?

妙なテンションはこのくらいにしまして、いつも通りおっさんが呟いてまいります。

当二階堂商店は神姫を通じて何かを作ろうとする人を(精神的に)応援しています。ご存知のとおりあたしは手の早さだけが友達ですので、技術的な事に関しては粗製もいいとこなわけですよ。もっと踏み込んで言うと、初心者がどうにかこうにか知っている程度の技術だけでここまで乗り切ってきたといっても過言ではないと。
最近忘れっぱなしですが、作成物については可能な限り作成過程、また試してみた技術、素材など晒していこうと考えておりまして、以前から武装その他の作成に興味を持っておられた方、またこれをきっかけとして製作に興味を持っていただけるような記事を書いていきたいと考えております。
ですので、ここで言及している技術に関してはどんどん使っていただいてかまいません。ていうかこのくらい誰でもできると思うからちょっと試してみれ。まぁ……粗製のあたしがやってることですから出来栄えは保証しないけども。あと「もっと上手いやり方があるんだよバカめが」という方がおられましたら教えておくれ。
自分もそうだったのですが、世の中あまたあるハウトゥー本とか解説書とか見るより、誰かが「やってみた」といってアップした画像見ながら「なるほど、こんな手があったか」とやってみるほうが意外とモチベーションが続く気がします。


なんか良く解らない事を長々と並べ立ててもどうにもならないので、タイトルのお話。

さて、うちでも時々使っている「プラ板」なのですが、一般的に売られている物のうち「0.5mm」と「1mm」を主に使用しています。これ以上薄いのは白色プラ板で「0.3mm」、透明プラ板で「0.2mm」がありますが、うちではほとんど使ってません。細かいディテールとかには便利そうですが、あたしにそんな細かいもん作れって?
どのようなものを作るかにも拠りますが、ほかに「2mmと3mmの角棒」「2mmの丸棒」「3mmのパイプ」があると何かと使えます。2mmの角棒と3mmのパイプはグリップにちょうど良いサイズです。なぜパイプなのか、といいますと、2mmの丸棒と組み合わせてシリンダーとかも作れたりとか。ポールウエポンにもこの仕様が役に立ちますぜ。3mm角棒は積層が面倒なときに。いいか、俺は面倒が嫌いなんだ!積層にはぜひスチロール用接着剤を。瞬着は早くて便利なのですが、積層にはデメリットが目立ちます。寸法が狂ってきますし、切断面の平面化の際に瞬着の層がはがれたりします。

今まで作ったものは大体これでできています。あとグラフ用紙があると大きさの把握がしやすいです。作図にも使えますし。


で、今日作ったもの。

DSCF0122.jpgDSCF0123.jpg

はい流用乙。
上で長々述べていますが、ぶっちゃけこっちのが断然早い(何
思ったとおりのパーツがなければ何も作れないって事にもなりかねませんが、最近のキットはかなり優秀なのでディテールも問題なし。まぁ、この辺は好みの問題でもありますが。

DSCF0119.jpg

バルキリーをスケールモデルと呼んでいいかどうかは別として、1/72というスケールが流用には適しています。大きすぎず小さすぎず。大きい砲などが必要なら1/48の戦車とかあたってみるといいかもしれません。今回使ったのはハセガワのバルキリー用追加兵装セット。スケールは1/72。

DSCF0121.jpg

そういえばACもこのスケールを採用していますが、あれはもともとのサイズがシリーズで微妙に違うw
神姫にあうサイズなのは確かなんですが。ロボット物からの流用なら、1/144というスケールがいい感じに合うようです。元の設定サイズにも拠りますが、組みあがりで15cm程度のものなら何かしら使えるパーツが出てきます。好みに合うかは別として。ガシャポンや食玩サイズのものなら、装飾に使えるパーツが拾えます。もっと大きいものなら外骨格フレームなどに。1/100を使えば黒子のような武装も簡単にできます。まぁ、好み(ryちなみにあたしはコトブキヤのキット、およびガンプラくらいしかまともに知りません。他メーカー、他シリーズの物はこのスケールが合わない可能性があります。まぁ、その辺は神姫眼で見極めてくれたまへ。

流用なら、切って張る、これだけ。接着材料もたいていのものが使えますし、ノウハウもかなり確立されているものだと思います。ちょっとぐぐれば情報はいろいろ出てくるかと。時々センスがどうこう言われる事がありますが、パーツ加工のセンスはともかくとしてパーツの組み合わせにルールもセオリーもありません。元が肩だったから肩に使わないといけないなんて事はもちろんありませんし、翼じゃないものを翼に見立てても一向に構わない。自由な発想であなただけの神姫をお楽しみください。


以上、飲んでないのに酔っているおっさんの呟きのコーナーでした。
人、それを寝ぼけていると言う!
武装 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<心配なことがあります。 | ホーム | 神姫魔道は荊の道>>

コメント

主に2mm角棒や、プラ版工作の製作途中の写真などを色々と参考にさせていただきました。
普段は持ち手と言えば3mm丸棒ばかり使っていたので、驚きの合い具合。自分はおそらく死ぬまで気付かなかったかと。

今後とも参考にさせていただく事もあると思いますが、その時は生暖かく見守ってくださいませ(笑
2008-09-24 Wed 00:43 | URL | あらい [ 編集 ]
自分は原則、自分のお気に入り登録してある場所には顔を出して、書き込める限りは書き込むようにしておりますです。
そうすれば、他の人のやる気というか、意欲に少しでも貢献できると思ってやっております。
紳士ブログの活性化。
実は密かに掲げている己への課題。

>本を見るより人のもの
はい、自分もばっちしそれで神姫魔導に落ちましたので(ぁ
他の人のを見るのは非常に楽しい。
時折圧倒的な技術の差に愕然とするのもまた……(ぁ
あと。
とても更新の早く良いものを作られるこの商店はいつも楽しみに来てますとも。
一番コメント書き込んでるのも間違いなくこの商店になります。
御贔屓に(ぉ

>プラ板加工と流用。
……実は自分には流用の選択肢がほとんどないのです。
なぜなら。
我が家にはマウンテンサイクルが存在しない!!(ぇ
ので、流用するには買ってくるしかないのですが、そんな余裕はない。
以前のAC四肢の子ぐらいですよ、そこまでやったの。
あ、でも今まで流用できなかった最大の理由は何使っていいかわからなかったからだから、これのおかげで選択肢はでたか。
余裕ができたら考えよう(ぉ
まぁ。
余裕がないので自分はプラ板とパテで頑張って見せます。
そして。
触発できるように、自分も実は新たな装備を考えているので、乞うご期待だじぇ!
……しかし自分ぐらいか、装備の大半が2mmプラ板でできてるのって(ぉ

>2mm角棒。
今日模型店による用事があるから買ってこよう(ぉ
というわけで、、とりあえず自分も2mm角棒はPAKURIます。
よろしく(マテ
2008-09-24 Wed 14:33 | URL | 東雲 [ 編集 ]
>あらい様
参考にできるほどまともなもんではありませんが、お役に立てて光栄です。どのように出来上がるのか……生暖かく見ておりますよ(何
今後ともどうぞ御贔屓に!

>東雲様
マジで書き込みしないあたし参上。

デザイン資料以外で唯一参考にした本は「MAX渡辺のプラモ大好き!」でした。20年も前の書籍がいまだに役に立つとは。
>>2mmプラ
強度も取れますし、積層枚数が少なくてすむのはいろいろメリットがあるんですが、あたしには分厚すぎてうまく切り出せないOTL
うちでは小物しか作ってなかったので、そこまで厚みが必要なかったってのもあるんですが。
2008-09-26 Fri 14:26 | URL | nikaidou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。