(有)二階堂商店

しもたや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はんまー帰りの漢

さて、去る9/28日 名古屋にて行われた神姫はんまーに参加してまいりました。

一言で言うなら「これはよいカオス」でした。
では以下、レポートです。

このエントリには写真がありません。
安心してご覧ください。


9/27深夜の記事で「明日は5時起きだぜ!」とのたもうておったあたしですが、起きたら5時35分ってどういうことよ。ちなみに最寄り駅からの乗車予定列車は5時40分発の各駅停車。

「間に合うわけがねぇ!」


とは言わせないあたしったら最強ね。15分後の急行でもばっちり乗り換えに間に合うことを確認しておいたので、あわてることなく着替えを済ませ前日詰めておいた荷物を持って出発。ちなみに最寄り駅まで歩いて5分以内。せんとくんに見送られつつ、ほとんど誰も乗っていない列車に乗り込んだのです。
しかしこの時間だと駅売店も開いてない。おかげでここまでめし抜き。

さて、途中特急に乗り換える駅で何とかサンドイッチとアップルティーを購入、そして生まれて初めて自分で特急券を買いました。自動券売機最高。
で、ガラガラの特急に乗ってしまうと後は名古屋まで直行なのでした。

そこから地下鉄だったのですが、あれだな、大阪のアンダーグラウンドがいかに迷宮化してるかが判った。名古屋の地下はとても親切設計でした。ただ、乗る方向が違うだけであんなに改札が離れてるのかがわからない。同じ路線の同じ駅の改札が50m向こうってどうよ。そこだけは大阪に軍配あげちゃう。

地下鉄で2駅、出口番号も確認せずに地上に出たのですが、案内板みるまでもなく一直線に会場に到達。家を出る前に地図だけは見てきたのですが、迷うわけがない。ただ思ったより駅から遠くて、一瞬逆方向なんじゃね?と思ったのは内緒。

開始時間30分前には着いていたわけなんですが、もちろん誰もいねぇ。しばらくぼんやりしておったおっさんでありました。時間間際になると続々と集結する参加者たち。開始時点では15名いましたが、さてどうなることやら……
会場をセッティングし、静かに、戦いの火蓋は切って落とされたのです……

イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<終わる平穏、終わらない戦慄 | ホーム | ネタ師達の宴>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。